往年の名作、絶愛-1989-でインパクト大な年賀状

南條晃司と泉拓人が年賀状でどう描かれる!?

『絶愛-1989-』は人気イケメン歌手南條晃司と、
悲劇的な過去を持つ高校生泉拓人の複雑で熱い男同士の恋愛模様を描いた尾崎南さんの人気BL漫画です。

 

けれど、この作品が連載されていた当時は、まだBLという言葉はなかったので、
Juneとかやおいとか呼ばれていました。

 

最近のボーイズラブ作品というのは、明るく軽いノリの作品や、
まるで女の子みたいな受けキャラといったものが多いですが、
この当時の作品はストーリーが重く、読んでいて胸が詰まるような作品が多かったです。

 

同性愛に対する社会の寛容度が変わってきたからなのか、それともBL文化が世間に広まった結果なのか、
とにかく一言でBL作品分野にくくってしまうにはやや違和感を否めず、あえてこれはやおい作品と紹介したいです。

 

この作品は雑誌『マーガレット』に掲載されていたので、
ここからやおい作品にはまった腐女子のお姉様方も多いはずです。
最近BLにはまったという若い世代にも、ぜひおすすめしたいやおい作品です。

 

 

 ボーイズラブで年賀状作ったらこうなる!


inserted by FC2 system